何の変哲もない、2017年の総括と2018年の抱負です。

今日で2017年も終わるということで、2017年の総括と2018年の抱負を書いておきたいと思います。

あらかじめ言っておきますと、今回のブログは他の誰でもない自分に向けて書いたものなので、雑な文章もあるかと思いますが多めに見ていただきたいです。

2017年の総括

ではまずは、2017年の総括から。

今年の元旦に、1年間のビジョンを設定しました。元旦に決めたことは1年間忘れることなくずっと意識して過ごしてこれたので、年の初めに何かを決めるのは非常に効果的です。

さて今年設定したビジョンは「挑戦数を圧倒的に増やす」でした。具体的な目標数値は定めていなかったのですが、このビジョン自体は何とか達成できたと評価しています。

ただ1つだけ反省点がありまして、それは具体的な目標まで落とし込まなかったことです。いつ頃何に挑戦して、いつ頃までに完遂するのか。恥ずかしいことに僕は怠惰な人間でして、ロードマップを作り込んで自分を管理しないと、取り組むのが遅れたりしてしまいます。

2018年度はこの反省を活かし、具体的なロードマップを作ろうと思っています。

今年1年間を振り返ったときに、非常に心に残っているのは「増やしたつながりよりも、断ってしまったつながりの方が多かった」ことです。

日々新たな挑戦をしていけば、関わる人たちも変わっていきます。どうしても今の仕事や学校で関わりのない人との関係性が希薄になってしまうのは仕方のないことです。

ただそうだとしても、関係自体を断つのは違うでしょう。今は関係性が薄くても、過去に真剣に何かに取り組んだ仲間なので、一生つながりは持つべきです。

今年の僕は新たなつながりは増やしつつも、過去の友達とのつながりはひたすら断ってしまい、それについては非常に後悔しています。あまりにも自分のことしか考えてなく、本当に申し訳なかったと反省しています。

2018年は、新たなつながりを増やしつつも、過去の仲間とのつながりの修復も必死に取り組んでいきたいと決めています。
そして本当に反省ばかりの僕ですが、自分を褒めてあげたいくらい、成し遂げたことも1つだけありまして、それはやはり「エンジニアになったこと」です。

一度は挫折しつつも、再起して現在は何とかエンジニアとして働けています。技術レベルはまだまだなので、引き続き勉強していかなければなりませんが。

2018年の抱負

では2018年の抱負を綴りたいと思います。

まず今年のビジョンは「Give and Give and Give」です。とにかく他社貢献を強く意識して過ごしていこうと思います。これは、僕には親切なフィリピン人の友人がいるのですが、彼に「なんでそんなに親切なの?」と聞いたときに彼が答えた言葉です。今更思いましたが、これ回答にはなっていないですよね。笑

思い起こすと昨年の僕は本当に自己中心的で、自分の利益のことしか考えれていなかったと反省しました。

今年は断ってしまったつながりの修復にも時間を割いていこうと思っていますので、余計にこのGiveの精神が大切になってきます。

またこのビジョンに加えて、具体的に成し遂げたいことも決めたので書き留めておこうと思います。

まず1つ目は「人に誇れるプロダクトを創ること」です。

エンジニアにはなれたとはいえ、まだ誰かに自信を持って薦められるプロダクトは創れていません。やはりエンジニアであるからには、人に誇れるプロダクトを創りたいと思っています。

今年の5月25日にハーバード大学の卒業式が開かれました。なんでいきなりハーバード大学なのかと思うかもしれませんが、そこで行われたマーク・ザッカーバーグによるスピーチが僕には非常に響きました。特にこの部分が。

 

Our generation will have to deal with tens of millions of jobs replaced by automation like self-driving cars and trucks. But we have the potential to do so much more together.

私たちの世代は、自動運転車及びトラックのような自動化によって数千万の雇用が代替されるという事態に向き合わなければなりません。

Every generation has its defining works. More than 300,000 people worked to put a man on the moon – including that janitor. Millions of volunteers immunized children around the world against polio. Millions of more people built the Hoover dam and other great projects.

全ての世代にはその世代を特徴付ける課題があります。30万人以上の人々が1人の人間を月へ送るために働きましたーもちろん清掃員も含めて。何百万人のボランティアが世界中の子供たちにポリオへの免疫を持たせることができました。何百万人の人々がフーバーダムを建設したことなど。

These projects didn’t just provide purpose for the people doing those jobs, they gave our whole country a sense of pride that we could do great things.

それらのプロジェクトはその仕事をした人々に目的を与えただけでなく、国全体に「私たちは偉大なことができるんだ」という誇りを与えたんです。

Now it’s our turn to do great things. I know, you’re probably thinking: I don’t know how to build a dam, or get a million people involved in anything.

そして、次は私たちが偉大なことを成し遂げる番です。あなたは、「ダムの作り方なんて知らないし、100万人の人々を何かに巻き込む方法なんて分からない」と思っているでしょう。

But let me tell you a secret: no one does when they begin. Ideas don’t come out fully formed. They only become clear as you work on them. You just have to get started.

ここで、秘訣を教えましょう。誰もそれらを始めた時には方法なんて知らないんです。アイデアは完成型ではやってきません。それらはあなたがその課題に取り組んでいくうちに徐々にクリアになっていくものなんです。だからこそ、あなたはとにかく始めなければなりません。

If I had to understand everything about connecting people before I began, I never would have started Facebook.

もし私がFacebookを始める前に、人々をつなげる方法の全てを理解しなければならなかったら、Facebookを始めていなかったでしょう。

Facebook Founder Mark Zuckerberg Commencement Address | Harvard Commencement 2017 - YouTube より

僕はこのフレーズに納得感を感じていて、もう数十回もこのスピーチは見返しています。あの伝説的なスピーチといわれているスティーブ・ジョブスによるスタンフォード大学卒業式のスピーチですが、たしかに素晴らしかったですが僕にはそこまで響かずでした。もちろん世代が近いということもあるかもしれませんが、マーク・ザッカーバーグのスピーチはかなり心に響いたんです。

彼の言葉を借りるなら、アイデアは完成型ではやってこないので、まずはとにかく始めなければなりません。

僕も人に誇れるプロダクトを創るために、早速年始より創り始めていこうと思っています。これまで簡単なWebサービスや社内向けではいくつか作ってきましたが、事業化も視野に入れたサービスを創るのは初めてです。このプロダクトで世界を獲るなんていう大それた目標はありませんが、だれか1人でもいいのでその人の人生の役に立てるプロダクトを創りたいと思います。このファーストプロダクトのリリース日は2/6(火)です。後ろ決めれば間に合わせる力だけはあるので、とりあえずリリース日を決めましたm(_ _)m

今年成し遂げたいことの2つ目は「エンジニアとしてのスキル向上」です。

エンジニアになったとはいえ、まだまだスキルは圧倒的に低いのが現状です。これはインターン先での日々の業務や週末の学習にしっかりと取り組んでいくことで自然と伸びていくかと思っています。目標としては、大学を卒業する頃まで(残り1年と3ヶ月)に企業からエンジニアとして声がかかるレベルまで持っていくことです。

そして3つ目は「学業を修めること」です。

現在は大学3年を終えて休学中なのですが、休学前には1年間ゼミの研究で論文を執筆する(しかも英語)など、とにかく大学の研究に夢中でした。大学の授業自体はほぼ行ってなかったのですが、ゼミの研究だけは好きだったんです。2018年は大学に復学するため、大学生活の集大成として、しっかりと卒論を書き上げて卒業しようと決めています。

そして上記の3つを成し遂げるために、大学卒業までのロードマップを作成しました。

f:id:onukichi:20171231213751p:plain

このロードマップは定期的に更新していきますので、最新版を見たい方はこちらからどうぞhttps://docs.google.com/spreadsheets/d/1RYTflNXkJEcNOG6MZcJBVgwYgt0RRJDGC3AH1GlFbMA/edit?usp=sharing

最後に

最後になりますが、皆さんにはこの1年間大変お世話になりました。非常に稚拙なブログにも関わらず、読んでいただき本当に心から感謝しています。また来年もどうぞよろしくお願いいたします。

そして2018年はついに大学卒業の年(できればだけど)ということもあり、自分にとっては勝負の年だと感じています。毎日忙しい日々になり、気づいたら年末という状況になるかと思いますが、今年のビジョンである「Give and Give and Give」だけは忘れずにまた1年間頑張っていきたいと思っています。