1度プログラミングに挫折した僕がエンジニアとして採用されるまでに学習したことまとめ

f:id:onukichi:20171203195517j:plain

さてAdvent Calendarの季節ですね。僕も会社のCalendarに4日ほどエントリーしているのですが、あまりにも学びが多すぎるので、個人で毎日更新したいと思います。

qiita.com

今回はプログラミング初心者の方々に向けて書きたいと思います。タイトルは、「1度プログラミングに挫折した僕がエンジニアとして採用されるまでに学習したことまとめ」です。

まず簡単に僕のステータスをご紹介します。
年齢:22歳
学歴:大学在学中(2017年12月現在)
プログラミング歴:11ヶ月
職歴:
留学ベンチャー(編集)
ビジネスメディア(ライター)
旅行ベンチャー(エンジニア)

最初の4ヶ月でやったこと

Progate

学習期間:2ヶ月(復習期間も入れると4~5ヶ月)
プログラミング学習で最初に利用したのはProgateです。Progateは初心者がプログラミング学習で最初につまづきやすい環境構築を取り除き、全てオンラインでプログラミング学習できるWebサービスとなっています。

やったこと

Progateにあるレッスン一覧→おすすめの学習手順はこちら→システムコースの学習にひたすら取り組みました。このシステムコースは基本的なHTML/CSSJavaScriptjQueryRubyRuby on Railsを学べるコースになっていて、一通り終えるとTwitterライクなWebサービスの作り方が分かるようになります。プログラミング初心者の方はまずはこのコースをしっかりと理解できるようになるまで繰り返し取り組むことがおすすめです。

僕が1度プログラミングに挫折してから、再びプログラミング学習を頑張り始めた時に最初に取り組んだのがProgateのこのコースでした。環境構築なしで学習できますし、Webサービスを作成するために最低限必要な知識を一通り学べ、最後にはTwitterライクなWebサービスが完成するので何より学習していてとても楽しかったのを覚えています。

Udemy

学習期間:2ヶ月
Progateを一通り終えた後に取り組んだのがUdemyです。Udemyはスキルを持つユーザー講師となって動画を作成し、学びたいユーザーがそれを受講できる動画学習サービスです。受講できるコースはプログラミングに限らず多くのジャンルがあります。

やったこと

僕が実際に受講したコースは、【作りながら覚える!】 Ruby on Rails を用いたウェブ開発(Airbnbを作ろう!)です。このコースではRuby on Rails、 HTML/CSSJavascript、Stripe、Herokuを組み合わせて、AirbnbライクなWebサービスを作成・公開することができます。実際に自身のPCで開発をしていきますので、より実践的な開発がイメージできるようになるかと思います。しかもこのコース、FacebookログインやStripe決済の実装まで体験できるという至れり尽くせりなコースとなっています。

最初は写経で良いので、一通りこのコースを終えることを頑張りましょう。おそらく何度も何度もエラーにぶつかるかと思いますが、その際にはエラーメッセージの意味を理解しググって原因を突き止めてクリアにしていきましょう。僕も何度もエラーに遭遇しましたが、ググれば見つかる範疇でしたので、少々きついかもしれませんが頑張ってください。

あと一点だけ注意点なのですが、学習する際には配布されたコードをコピペするのでなく、かならず自分で書くようにしましょう。じゃないと力がつきません、大切なのは「とにかくコードを書く」、これに尽きます。

少し休憩....

 

さていかがでしょうか?ここまでやりきった皆さんはだんだんとプログラミングを理解できるようになっている頃だと思います。

僕がプログラミングの学習を始めた際の最初の目標は、エンジニア(インターン)として採用されることでした。個人的な所感としては、ここからあと3ヶ月ほど独学で学習を頑張れば採用していただけるレベルには達すると思ったのですが、僕にとってはその3ヶ月すら惜しく、とにかくすぐにエンジニアとしてのキャリアをスタートしたいと思っていました。

そこで独学で学習したら3ヶ月はかかるところを1ヶ月で終わらせるために、海外にあるプログラミングスクールに1ヶ月だけ留学することにしました。そして留学から帰国して2日後に採用された企業にて今はエンジニアとして働いています。

そのため、ここから以下の2つのバージョンでの学習方法をお伝えしたいと思います。

(1)海外プログラミングスクールに留学した場合
(2)留学せずに引き続き独学した場合(妄想)

(1)海外プログラミングスクールに留学した場合 

学習期間:1ヶ月
日本と同様に海外にもプログラミングスクールがたくさんありまして、特にフィリピンとインドには日本人を対象にしているプログラミングスクールが複数あります。僕はフィリピンセブ島にあるプログラミングスクール「G's CAMP CEBU」に1ヶ月留学をしました。

やったこと

海外のプログラミングスクールが日本のそれと違うのは、講義形式と自習形式の両方がうまく組み合わされていることだと思います。講義では難しいポイントを講師が解説し、自習時間ではひたすら動画教材で学習を進める形式でした。個人的には日本国内のプログラミングスクールに通うのであれば、少々高いですが海外のプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

海外のプログラミングスクールをお考えの方は少ないと思うので、これくらいで終わりたいと思います。もし興味があるかたはこちらの記事を見ていただければと思いますm(_ _)m

プログラミング未経験からグローバルエンジニアに!今人気急上昇中のセブ島エンジニア留学をレポート

(2)留学せずに引き続き独学した場合(妄想)

学習期間:2~3ヶ月
次に、もし留学せずに引き続き独学していた場合ですが、完全に妄想になります。あくまで参考程度に、おそらく取り組んだであろう学習方法をお伝えします。

やったであろうこと(やってはいない)

Ruby on Railsチュートリアルは、SNSの開発を題材にした無料のチュートリアルで、Webサービスの開発から公開までの流れを実例を通して学べるものです。

プログラミング初心者からエンジニアになった方々から、このチュートリアルで学んだという声を聞いているので、おそらくこれを完全に理解するようになるまで取り組むと思います。

教材の難易度としては高いですが、非常に詳しく解説されているため、何度か繰り返して学ぶことでRuby on Railsの理解がぐんと深まると思います。

まとめ 

最後にもう一度僕がエンジニアとして採用されるまでに学習したことを箇条書きでまとめたいと思います。

  • Progateのシステムコース
  • UdemyのRuby on Railsコース
  • 海外プログラミングスクールにてPHP

この記事が少しでもプログラミング初心者の方々のためになれば幸いです。